古典語学と、その他。

お勉強と興奮の記録。

語る、語られる、それで?

いつも憚らず言ってしまうが、正直自分は「古典学徒である」と思ったことはほとんどなくて、博士に再度進学してからは、古典語学徒として、古典からは距離をとる、古典をできる限り相対化できる場所に立とうと努めている。多分、自分の専門性はラテン語にあるのだけれども、古典からずいぶん隔たった人文主義者の叙事詩読んだり、サンスクリットヘブライ語など他の古典語に時間を割いたりしているのも、そういう試みの一部なんだろう。

そういえば、文学への思い入れもそんなにない。ギリシア神話に至っては今でも必要に迫られて「調べる」対象で、その物語を延々と語る、あるいは特定の神に「萌える」ことも皆無である。
神話絡みの論文で、興奮したのは印欧語比較言語学の領域のものだったので、やっぱり自分は文学向きでもないのだろう。でも、エリアは間違いなく文学だ。

こういうことを書くと絶望しかなさそうだが、別に絶望はしていない。古典語で書かれた、非古典文学を読むのは、案外文学研究にとってメリットが大きいと感じている。

文学にとっての「権威」とは何か?
あえて古典語を創作の言語として「選ぶ」ことに、文学の素材としての言語観が見えてくるのではないか?
みたいなことが見えてくる、気がしている。

一方で、やっぱり自分が「音楽の人間」だと思うときがある。結局叙事詩を読んでいつも考えていることは、「全部読んだ(聴いた)人間は何を感じるの?」と「どんだけ詩人はこの歌に没入してるの?」という問いかけだ。自分の音楽へのアプローチに近いこの発想がずっととりついている。修士の時のルカヌスも完全にそのアプローチだった。クリオの話とか完全にそうだし、今となっては、あの結論さらに大きく広げられると思っている。

今日、発表原稿をある程度まで仕上げた。書いた原稿は依然錯綜しているが、自分の立場は定まった。結局、「語り、聴く」文学しか自分には読めない。そして、古典に対しては、若干の破壊衝動もある。壊れないでしょうけど。

バーンスタインの「ミサ」、最近特によく聴く。
あのクライマックスは、伝統の否定にも見える。そこに感動を覚える自分は、やっぱり古典はできない。
あー、でもその後にメシアンの交響楽作品とか聴いている辺り、正統的なものも望んでいるのか。わからん。

自分語りでした。

久しぶりに

友人たちとの食事の場で、言われたので更新。

神話学研究会が近づき、原稿を先週末に書き上げた後、後輩にそのチェックを依頼して、今週が終了。今日の昼まで文献を読んで、その説の裏付けになり得る言及を見いだしたとともに、これからの研究テーマの主軸をどこにおくべきかと考えてしまった。

biblical epicに軸を置くか、post-classical epic in "classical language"のようなものをたどってみるか。自分の中ではユダヤ学への関心は日々大きくなる一方。

現実的には博士論文のレベルでは一貫した流れがなくてはならない。と思ったときに、このことは常に配慮しないといけないと思った。
どのみち、この一生では多分抱えきれない疑問を抱いてしまった私は、ずっとこの疑問を増やし続けてしまう。来世、もし人間に生まれ変われるなら、もう一回(今度は迷いなく)勉強したい。

人間に生まれ変われないなら、カマキリになって、メスに食べられたい。

古今伝授とか

古今伝授なるものについて、興味が湧いている。
学的なものが、秘儀として師から弟子に伝えられる伝統は、ちょうど自分が古典語の読解で師匠の先生に読み方を教わってきたのと通じる部分がある。古典語の文法は普通のレクチャーを通じて習得したが、読み方はそのパターンを先生との講読で習ってきた気がする。読解自体が困難な古典文学の教授方法が、一種の秘儀的性質を帯びるのは、案外当然のなり行きなのかもしれない。

そうなるといわゆる「ホメロス学」に、そうした秘儀的な教授があったのかが気になる。おそらく、そのような教授はあったものと思われる。しかも、割と長く。それを近代の言語学が古層のギリシア語として取り上げ、そのイメージのもとに現代の我々は、そのテキストに接しているのだけれども、謎めいた暗がりの中の、古典教授は魅力的だと妄想してしまう。

大変な期間が一度落ち着く

先週末の学会がおわり、今日まで授業予習なども含め、バタバタだった。今週末は少しゆっくり過ごしたい。

イディッシュ語の予習が、今のところ、一番不馴れで結構大変なのだけれども、折りに話されるユダヤ人の歴史の話は非常に興味深い。それ目当てに予習して授業に行っているのだが、今日の授業でそれが自分だけではなかったと知ることが出来た。
最近のテーマが聖書に関係することもあり、ヘブライズムに正面から取り組める知識をつけたいと思っている。聖書解釈に関することと、古代末期から中世のキリスト教文学を整理することが、現状の調査内容。

週末ゆっくり読書しよう。

発表構想を考える

7月末に公で発表機会を得たので、その構想を立てていかないと、と思っていた中で、2週間後にゼミ発表が急遽決まったので、少し急がないといけなくなった。

細かいトピックとして気になることを、一連の流れの中に置いて、ストーリーを形成する。なるべく多くの証拠を重ねることで、論を飛躍させない。言いたいことの40%で発表する。注意事項はそんなところか。

論文の掲載も、仮にではあるが、できそうなのでとにかく形にしておかないと。

誕生日でした

31回目の誕生日を迎える。
誕生日らしいことは先週土曜日にしたので、今日は通常営業。ブルクハルトを今さら読み始めた。

ことさら、31歳の抱負とか改まる必要はないけど、「楽しい勉強をする」ことができれば、それが一番だと思う。もう少し具体的にはヘブライ語の能力を少しでもつけたい。
(古典ギリシャ語もだけど)

基本、研究室にいて、土日も勉強してるか、本読んでることがほとんど、と友人に言ったら「プライベートないやん」と驚かれた。本人はそうとは思ってない。(そもそも研究室在室時間=勉強時間というわけではない)楽しくやっているのだから、オンオフを考える必要がないのだろう。この中で研究に価値付けを図れれば、と思う。

学部生で一人、文学作品の聴覚的な性質について古典作品を題材に試みている学生がいる。真面目な学生だ。
思えば、2回生の頃の自分も同じような関心から、勉強が始まった。結果、歌のようだから、という理由でラテン語を専門にすると心に決め、それから10年弱。チューバとの付き合いが9年程度だから、もうその付き合いを越えていた。変な比較かもしれないけど、自分のなかでは外国語は楽器のよう。チューバをラテン語に持ち替えることは、チューバを、ユーフォニアムに持ち替えることに等しい。ヘブライ語や古典ギリシャ語然り。

その学部生のテーマに役立つものはないかと、色々読んでいるなかで、2回の頃の自分を思い出していた。多分、あの頃の自分は「全部思い通りにいく」と世界を舐めていた。そこから真逆の「世界なんて絶望しかない」と思っていたのが、20代後半。30代の今は、「なら、その絶望で遊んでみよう」くらいのスタンスに変わった。そう考えると、思いの外、世の中は面白いことに溢れている。

研究書の一節の、短い一文。
研究室の他愛もない会話。
どうしようもなくめんどくさい書類。
雨で、しなだれきってる木々。
なかなか沈まなくなった日。
コロッケだけやたら売れ残る総菜屋。

書ききれないけど、自分が思っていた以上にこの世界は面白いと思う。31になったけど、もう少し生きて、色んなものをみたいと感じる。

明日からも、頑張ろう。

ヴィーダ第2巻読了

何とか誕生日までに2巻は読み終わりたいと目標をたてたが、その割になんやかんやと色んなことに手を出していたら、今日がラスト一日になってしまったので、研究室に籠って、スパートをかけた。20時頃に無事2巻読了。これで、気持ち的に楽に誕生日を迎えられる。

武器の戦争ではなく、言葉の戦争のように描かれていること。二人称で、場面描写を行って、目撃者としての読者が意識されていること(古典作品にも多いけど)。相変わらずの比喩の使用。人物の心情表現。気になることはやっぱり多いテキストだ。