古典語学と、その他。

お勉強と興奮の記録。

さようなら、ゲッティンゲン。

本当はこの前の記事でドイツ滞在中の投稿はやめにしようと思っていた。

けれども、さっき夕食から帰宅する途中で、どうしてももう一度書いておきたくなったので、これで今回のドイツ滞在関係の最後の投稿にしたいと思う。

(「読んでるよ!」というコメントももらえたし)

 

さっきまで、クラスメイトだったゲッティンゲン大の研究員に誘われて、彼の家族と一緒にレストランで食事をしてきた。彼は私がクラスで出会った最初のクラスメイトであり、授業最初の日から最後の日までドイツ語はおろか英語も怪しい私にやさしく、紳士的に接してくれた。多分、彼がいなければこんなにこちらの授業を前向きに受けられなかったのではないかと思う。

今日もせっかくの招待にもかかわらず、不完全で要領を得ない会話しかできない私にゆっくりと分かりやすいドイツ語で話してくれた。彼の2人の子供はとても元気で臆面なく私にドイツ語と英語で色々聞いてくる。答えに困る場面も彼が色々と助けてくれた。

 

人の縁とは不思議なもので、地球規模でみれば「出会う確率が1パーセント未満」みたいな人間の方が、実際に出会った人間よりもはるかにはるかに多いにもかかわらず、それでも何かの拍子で「出会ってしまった人」というのがいる。このことは別に日本だけに生きていても事情は変わらないはずだが、十数時間のフライトを経てはるばるやって来た全く異国の地でこの経験をすることで、その人の縁の不思議(と切なさみたいなもの)を痛切に感じるところとなった。おととい、昨日、今日と何度か拙いドイツ語で「別れの挨拶」を繰り返すたびに、「ああ、もしかしたらこの人には次にあえないかもしれない」との思いが強くなり、かろうじて表現を覚えた「wiedersehen」が不思議な重さを持っているのを感じた。こう思っているのがたとえ自分だけであったとしても、別にそれでいい。

 

多分(いな間違いなく)、これまでの人生で「無駄に放棄した出会い」や「雑な対応しかしていない相手」がたくさんいる。過ぎたことはどうしようもないが、このことを少し悔いた。これほどにも「さようなら」が重いとは思っていなかった。これで日本に帰って自分の性格が治っているとも思えないが、もう少し「さようなら」をまともに言える人間にはなってもいいかもしれない。

 

こういうのはやっぱりもっと若くして体験すべきだったかも。

だけど今さらでも体験できてよかった。

「1か月程度で何を悟った気でいるんや」とも言われそうだが(事実そうだと思う)、これだけの学びを得たことを幸福に思いたい。

 

 

さようなら、ゲッティンゲン。

 

授業全日程終了。

たった今、最後の授業が終わった。受講証明を先生から受け取り、6人(途中から5人)の小さなクラスでのドイツ語トレーニングは終了した。

 

授業後に先生にドイツ語で書いた手紙を渡した。先週末の授業が終わった後に、自分がいくら感謝の気持ちを持っていても、今の自分のドイツ語の会話能力ではその感謝の気持ちの3分の1も伝わらないかと思い、それならばと昨夜多少時間を掛けて(それでも拙いのには変わりはないが)メッセージカードにドイツ語のメッセージをしたためたものを準備していた。ドイツ語が拙いのと、結構恥ずかしいくらいストレートに感謝を書いているのでどこにも上げることはしないが、しかし、これでちゃんと伝えたい気持ちは伝えられたのではないかと思っている。

 

思えば古典語の勉強ばかりしてきた自分には「話す(聞く)語学」は必ずしも重要なものと思われていなかった。何よりも「読める(できれば書く)」ことがまず第一であり、それ以外の領域の学習は後手後手になっていた。それを何とかできればと思いっ立ったのが今回のゲッティンゲンへの短期の研修だったわけだが、「外国人として生きること」と「言葉が伝わらないこと」がどういうことなのかを身をもって知ることになった。私より若くても海外経験が豊富な人からすればこんなこと当たり前すぎることかもしれないが、30過ぎた今になったとしても、この感覚を得られたことは大事なことだと思う。

要は「生まれなおした」感覚である。言葉が伝わらない以上、最終的には表情やジェスチャーや声色など、より「幼児的」な表現に訴えるしかない。クラスは総じていわゆる社会人がほとんどだったが、母語でない学習言語を話す(私も含めた)受講生は一様に抽象度が低い、子供のような表現に頼らなければ、「昨日の生活」さえまともに伝えることができない。とりわけ日本語を母語にする自分にはそもそもの言語感覚が違いすぎているので、クラスの進行の足を引っ張っていたと思う。(ただ、カタールからの学生は母語アラビア語だから、一概に母語のせいにもできないけれど)

とにかく、私はドイツで幼児のように生きていたのだと思う。だから、頭の中の難しいことを考えている自分と、表現が極端に幼稚にならざるを得ない自分の距離がストレスの原因になっていた。外国にあってその言語を学ぼうとする学習者にとって避けることのできないことだと思う。

 

ただ、この学校はそういったストレスへの配慮がとても行き届いた環境であった。外国語学習への理解がとても進んでいる証拠だろう。それは授業の中における方法論にも感じることができた。(もちろん、この前提にはこの学校に通う人たちのそもそものモチベーションの高さもあるだろう、言うまでもなくクラスへの集中力や取り組みの態度は日本の大学の比ではない)いわゆる「アクティブ・ラーニング」の効果について考えるきっかけにもなった。これは自分の教育的な関心。

 

日本に帰ったら再び仕事と古典語の日々に戻る。それでもやっぱり古い言語が一番好きだ。ただ、ドイツ語を話す/聴く感覚はこれからも培っていきたい。10月からは毎週土曜午後にゲーテの教室に通うことにしている。週1でこの9月の密度からするとスカスカにはなるが、それでも1回3時間程度のクラスなのでプラスにはなるはずだ。

 

 

こういう勉強はもっと早くに始めないと…と言われそうな気がするが、ここまで来たら、誰が何を言ってきても自分の中では、「死ぬ前に初めてよかった」くらいに思うようにしている。何事も。

 

 

あと二日したら金曜の朝一にゲッティンゲンを出発する。

 

2週目が終わる。

ドイツ滞在の2週目が終わり折り返しとなった。今日は週末で授業がないので宿舎でだらだらして、そのあと翻訳の仕事をやって、今これを書こうと思い立った。

 

精神的に参っていたのは1週目の真ん中くらいで、周りの言っていることがものの見事にわからないので嫌になっていたが、不思議なもので(そしてよく聞く話でもあるが)2週目終わりの昨日の授業くらいでは(正確な理解をどれだけしているかはさておき)、今授業で何が進んでいて、とりあえず何をしないといけないのかくらいはわかるようになってきた。とりわけ文法の説明についてはクラスの中でも割と出来るほうらしく、しんどくなるといちいち文法の話題にならないかな、と心中で希望していたりする。

 

クラスメイトは途中で1人増えたが全部で6人と極めて小規模。かつみんな対応が大人でいろいろフォローしてくれる。ありがたい。その感謝を十分に表現することは未だかなわないが、本当に助かっている。

 

授業自体は自分のことをドイツ語で話すことから始まり、文法のエクササイズや簡単な話題での意見発表。最近では何かと「あなたの国ではどうですか?」と聞かれるので、日本の事例を話さないといけない。とりあえず「これは世界でも有名だろう」と思った話題を話してみるも、想像以上に知られていないことが多いとわかり、もしかしたらこれが現実なんだろうか、と感じた。日本国内の「日本スゴイ!」言説の危険を感じた。(これが私のドイツ語力の至らなさに原因があるとしても)

 

中でも自分の中で一番の練習になっているのが、ドイツ語の語彙をドイツ語で説明するワーク。これは最初いきなりやらされて苦しんだのだが、翌日の授業準備として自宅で語彙の復習を日本語ではなくドイツ語ですることによって、テキストや会話の理解がかなり進んだ気がする。本当は独独辞典を持っていればよかったのだが、持ち合わせていないので、自宅でまず和独辞典で意味を確認し、それをドイツ語で(その語彙そのものではなく別の語彙で)説明する作文を繰り返している。日本に帰ったら独独辞典を一冊購入しておきたい。

 

基本的に平日は午前を自分の研究と仕事に充て、昼から夕方まで授業、夜は課題と復習というルーティンでやっているので、観光する余裕はない。ただ金曜の夕方だけは街歩きを自分に許しているので、ゲッティンゲンの街をぶらぶらしている。昨日もふらふらしていた。町の中心部に位置する教会建築の巨大さに圧倒され、なぜこんな建物を建てようとしたのか、がやたらと気になった。帰国後、教会をはじめとした宗教建築についてちょっと調べてみようと思っている。

 

来週がフルに授業のある最後の週になる。ここまできたらもうひと踏ん張りで実りあるドイツ滞在にしたい。(食事は実はそんなにおいしいとは思えないが)勉強するには良い環境。十分にレベル上げをして日本に帰国したい。

今、ドイツ。

盛大に放置していたのだが、時間ができたので久々すぎる投稿。

 

2018年4月から某研究員かつ某大非常勤になり(期間限定ではあるが)自立した生活ができるようになった。数年単位でこういうのを繰り返さないといけないのが辛いところだが、サラリーマン時代よりストレスはないのでなんとかなっている。

 

さて、9月からドイツに来ている。

ゲーテ・インスティテュートのドイツ語4週間インテンシブコースを受講している。

実は人生で観光を含めてこれまで海外に出たことがなく、ヨーロッパの文学をやりながらそこが割と強烈なコンプレックスになっていたのだが、この度1か月、しかも平日はすべてドイツ語のトレーニング5時間という割とハードなプログラムに参加できたので、多少コンプレックスは和らいだ。今日は1週目を終えた週末。滞在しているのはドイツ有数の大学都市であるゲッティンゲン。フランクフルトまで飛行機でそこから2時間程度ICEに乗って到着。閑静な普通の街。ハエが多い。(ドイツ語クラスの先生も言っていた)

 

いずれは海外での研究を!とは意気込んでいるものの言葉の能力がつかないことにはどうしようもない。というわけで単身乗り込んでみたわけだが、やはり話す聞くは慣れないと難しい。クラスの中では文法は出来るほうらしいので、先生にもその点は認められているが、大事な指示が聞き取れないのはやっぱり問題だ。クラスが5人という極めて小規模なクラスでよかった。

 

今月はこのままドイツで終えて、今月末に帰国。その2日後には後期の非常勤の授業がもう始まるので全然落ち着かない。自分の勉強もやらないといけないし、非常勤先にも自分の大学にも何かと仕事は多い。まぁ忙しいうちが華と感じてやるしかない。

 

いない間日本は災害が頻発している。空けてきた下宿が大丈夫かと思っても異国の地にいるので何もできない。とはいえ何の連絡も来ていないのでおそらく問題ないだろうが。それから結構ショックなニュースもあってちょっと落ち込んでしまった。人間の人生って色々あるんやな、と…

 

午後は論文書こうかと思ったのだが、気分が緩んでしまったので(今週は心が落ち着かなかった!)、日本から持ってきた数少ない本を読もうかと思う。(ちなみに今朝はこちらで買ったRomanを読んでいた)A Companion to Late Antique Literature。結局こういう本を読んでしまう自分が悲しい気もする。

2017年の年末年始休み

大学は今日から休みに入る。ただ去年と違って、研究棟へは入りやすくなっている。去年くらいから散々やかましく言い続けてきた甲斐があった。

 

この休暇中は主に来年度の研究で中心的に扱う作品をできる限り進めて、あとは聖書ヘブライ語原典のトレーニングを行うのがメインの目標だ。それに加えて、文法は習ったが、なかなか実践する機会のなかった古典シリア語とロシア語を趣味程度にちょっとだけテキスト読む予定。あとは好きな本が少しでも読めればいいかと。

とりあえず研究室には出てきて、静かなうちにやっておきたい仕事を片付けてしまうつもりではいる。

 

会いたい人には会える休みではあるので、だらだらせずにいつも通りの生活を、いつも以上に心がけたい。予備論の審査も終わり、いよいよ本格的に博士論文の作成を視野に入れた研究と、博士論文を出した後の研究の方向性を考え始めて、その時に困らない能力を身につける努力をしないといけない。

 

こっそりアッシリア語とゲエズ語とコプト語の本を買いたい、と思っているが、何を買ったらいいかよくわからない。最近の物欲はそういう語学書の方面に向いているが、このような情報の無さのお蔭で、お金を無駄遣いせずに済んでいるのかもしれない。ああ、でもニューエクスプレスのアイスランド語は欲しい…語学書の収集は終わらない。

 

 

 

朗誦の学問への憧れ

この前9月から日課で続けていた聖書ヘブライ語の教科書を一巡した。

思えば9月にその勉強を始めて以来、ラテン語を読まない日はたまにあったが、聖書ヘブライ語を読まない日は一日も無かったくらいには継続していた。

ただ、ここで終えるのももったいないと、昨日から『創世記』を原文で読み始めた。

 

とりあえず遅々たる歩みだが、これがめっぽう面白い。新しい日課になりそうだ。

 

みたいなことを昨日の夕方に指導教官に話した。

すると今日の昼過ぎに指導教官がコピーの束を持って研究室に現れた。その束をコピーしてくるようにと指示をされたのでそのコピーを見ると、それは聖書ヘブライ語テキストの文構造に関するテキストの一部であった。

コピーをするやその場でレクチャーが始まった。

どのような秩序で、聖書ヘブライ語テキストが構成され、それがどのようにテキストに書かれているかの説明をがっつりされた。

ただ、これが想像以上に興奮を覚える内容だった。

いわゆる古典語によるテキストだが、そのレクチャーを終えてみると、明らかにそれは楽譜のように見えてきた。「声にするための」テキストとして聖書が書かれていることを強烈に認識させられた。

(今まで取り組んでいたテキストにもその言及はあったのだけれども)

 

古典語は(特にこの手の聖典の関わる言語は)口語としては使われなくても、やはり朗誦される言語としてはある。朗誦による言語の現われは、もちろん書き言葉やいわゆる会話とも違う、全く別の現われをしているはずである。

で、文化圏によってこの朗誦の技術が確かに伝承されている。

そういう知識としては知っていても、しかし、実感を持てなかった事実を再確認させられた。

 

この朗誦の伝統って、古典語文学にとってかなり大事なトピックになるはず。

明日から新しい視点をもって、『創世記』原文にゆっくり取り組みたい。

 

ああ面白かった。

ゲストスピーカーの仕事

とりあえず、先週に予備論文を出し終わった。今月の下旬に審査があるらしい。

 

で、先週と今週の金曜日に2回ゲストスピーカーとして1年生向けの講義で授業をした。

1回目は修士論文の時の研究で、2回目は現在進行中(とはいえある程度議論の方向性は見えている)の研究の話をした。とりあえず、知っている顔がほとんどいない(それでも数人は知っている顔が混じっているのだが)環境での授業は前職でも実はそんなに機会がないので、緊張こそしなかったが、色々探りつつの講義になった。

 

相手が1年生なので、専門性が高すぎる話はまずいと思いつつ、それでもゲストスピーカーなので「ゲスト」らしい特別な内容であることにこだわろうとしたが、やはり難しいことがわかった。講義は難しい。15回させてもらえれば、もっと試行錯誤できるのに。

 

ただ、1回目より2回目の方が聴く態度が前向きになっているとは感じた。メンバーが同じなのか違うのかよくわからないが、ちょっと雰囲気が前のめりになっている受講生が増えていた(気がした)。

 

大学の授業に何を期待しているのか。そもそも期待なんてしているのか。

しかも教養科目、とりたくてとっているわけでもないだろう。

ただ、広い視野の必要性は社会に出て分かった。教養教育に意味はある。

その意味をわかってもらい、期待できる授業ができないといけないのだろう。

学生も教師も互いに期待しあってない環境はおそろしく怖いもの、と私は思っているので、この現状は変えていくべきものだと思った。

 

年内、まだやるべきことは山ほど残っている。

年明けには論文2本の提出。研究発表が1件。

来年度の学会発表の要旨作成が1件。

 

忙しいけど、頑張ろう。